2008年08月06日

やっぱり、いない。。。

やっぱり、いません。

この中に、一人足りません。

あの外国人選手。

どこへ。。。

横浜F・マリノス
【先発】
GK 1榎本 哲也
DF30小椋 祥平
DF22中澤 佑二
DF3松田 直樹
MF7田中 隼磨
MF10山瀬 功治
MF6河合 竜二
MF13小宮山 尊信
FW17兵藤 慎剛
FW15大島 秀夫
FW11坂田 大輔

【控え】
GK31飯倉 大樹
DF26田中 裕介
DF24金井 貢史
MF29長谷川 アーリアジャスール
MF14狩野 健太
MF8ロペス
FW27斎藤 陽介

ガンバ大阪
【先発】
GK22藤ヶ谷 陽介
DF21加地 亮
DF2中澤 聡太
DF5山口 智
DF19下平 匠
MF27橋本 英郎
MF17明神 智和
MF16佐々木 勇人
MF10二川 孝広
FW30山崎 雅人
FW9ルーカス

【控え】
GK1松代 直樹
DF6福元 洋平
MF7遠藤 保仁
MF8寺田 紳一
MF23武井 択也
FW14平井 将生
FW25岡本 英也

まさか、もう、向こうに行ってしまったんでは....

ロニー!!!!

あっちが遠藤復活なら、こっちもこの男が復活?

「ミドル・シュートはあるし展開力もある。使うとすれば流れを変えてほしいとき」

木村監督にそう言わしめる男が復活か。

ロペス。
マリノスロペス


そう、ちょっと、違う画面でスタミナを使ってスピードを出しすぎてしまった男。

でも、きっと、反省しているでしょう。

ある意味、期待が大きな男。

どうなりますか、怖いもの見たさの気持ちが大きいなあ。

あのキープ力、効くときは効く。

あの体力、持たないときは本当に持たない。

でも、やってくれるっしょ!!

楽観主義、楽観主義!

あなたは、北京オリンピック?ナビスコカッップ?

今日は、北京オリンピックの女子サッカー。

不思議ですよね。

どーして、開会式前に、もう試合をやっちゃうの?

女子も男子も?

サッカーは、オリンピックではないの?

おかしくない?

と、いろいろとグタグタ私が言ったところでしょうがないですね。

で、同じ今日という日に私にとっては、もっと大事なのが、ナビスコカップ。

横浜F・マリノスの試合です。

世間の注目度はどっちが上?

やっぱり、女子サッカーなでしこジャパンのオリンピック?

オリンピックは18時。

ナビスコは19時。

さあ、どっち?

ヤマザキナビスコカップ 横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 予感

ヤマザキナビスコカップ 横浜F・マリノス vs ガンバ大阪。

ニッパツ三ツ沢球技場で行われる準々決勝第2戦です。

第1戦は、アウェイ、何故か金沢の地で、1対0で負けてしまっています。

今度はホームですので、相手に1点取られたら、アウェイゴールの重しがずっしり効いてきてしまいます。

したがって、完封勝利が最低限の条件。

1対0では、ギリギリ。延長戦もありますが、PK勝負になってしまう可能性が大きいです。

そうすると、お互いに土曜日の試合に向けて痛手が大きくなるので、是非とも90分で決めてしまいたいところ。

消耗戦は回避しましょう。

90分での完封勝利、しかもできれば、2点以上。

今年の横浜F・マリノスの戦いぶり、試合結果を冷静に分析すると、この条件は、実は非常に厳しいものです。

楽観的な私でもちょっと、不安になってしまいます。

でも、でも、です。

遠藤選手の復帰という話もありますが、まずは、自分たちを信じること。

自分のサッカーをすること。

ボールをお友達と思って、戯れること。

そうすれば、おのずと道が開けてくるはずです。

場所は、ニッパツ三ツ沢。

今年の良い思いで。

そう、FC東京との対戦。

山瀬功治くんの2ゴール、1アシスト。

この試合を再現しちゃいましょう。

そうすれば、勝ち抜け。

やったね!

横浜F・マリノス
坂田大輔くんの今期リーグ戦ファーストゴールも見られそうな予感!

想定外...

ちょっと、だけ想定外になってしまいました。

横浜F・マリノスのガンバ大阪2連戦に向けての話です。

あの病に伏していた、ガンバ大阪の遠藤保仁選手が、脅威の復活。

元横浜F・マリノスの兄、遠藤彰弘が、弟を思い、作戦を伝授したのでしょうか?

秘薬?