2008年07月29日

マリノスのゴール裏コンダクター

横浜F・マリノスのゴール裏をいつも、盛り上げてくれているこの人(?)。

マリノス君。

マリノス君

指揮者ですよね。

あの大きな体をいっぱいに使って、みんなの心をひとつにさせてくれますね。

次の試合は、ボーフムとのプレシーズンマッチですが、それよりも、本気モードになるのがやっぱりナビスコカップ。

相手はあのガンバ大阪。

ナビスコカップでの活躍もこの人の発破賭けがあってこそ。

ゴール裏の熱いコールをさらに熱くしてくれます。

ナビスコカップ、アウェイでは負けています。

今度はホーム、相手にアウェイゴールを献上することは許されません。

さらに、2点以上の得点が必要です。

選手、サポーター、ファンの気持ちを本当の意味でひとつにして、戦って、勝ち抜きましょう。

90分でしっかり結果を出しましょう。

2008年07月28日

キャンプイン

過酷な日程。

こんなに暑い中なのに、大変だよね。

岡田監督、消耗させすぎないでね。

中澤佑二さん、山瀬功治くんの二人にとっては、まさに灼熱地獄かもね。

横浜F・マリノスを代表する二人は、今日から日本代表でトレーニングキャンプですよね。

横浜F・マリノス中澤佑二

新しい顔ぶれも結構いるみたいで、どんな練習になっているんだか、興味がありますね。

ワールドカップ最終予選に向けて最後の仕上げの時期なので、新しい選手たちの相手をするのも大事ですが、これまでのチームコンセプトをしっかり守って、さらに磨きをかけるようなトレーニングになっているんじゃないかなあ。

山瀬功治くんも、Jリーグでもあまり得点できていないし、日本代表でもあまり試合出場時間がもらえていないので、ストレスがたまり気味かもしれませんが、せっかくなので楽しんできてほしいよ〜。

真夏の決戦中休み

うちわで扇いで、涼しんで中休み。

マリノスの選手たちは、試合後の疲れを癒したことと思います。

横浜F・マリノスにとって、次の相手は、ガンバ大阪。

遠藤選手の体調不良、バレーの移籍などいろいろとある相手ですが、今は相手のことは関係ありません。

というより、相手も気にしている余裕がないというのが正直なところ。

中澤佑二、山瀬功治の日本代表の二人にとっては、息を抜く時間が全くない日程ですが、他の選手たちは、メリハリをつけて頑張ってほしい。

休むべきときはやむ。

やるべきときはやる。

当たり前のことを当たり前のようにできるかどうかがプロとしての実力の有無とも言えると思います。

期待大です。

横浜F・マリノス真夏の戦いうちわ

2008年07月27日

やっぱり、このコンビ、いやトリオかな。

やっぱり、私の中では、このコンビがいいです。

息のあったツートップ。

大島秀夫、坂田大輔。

もちろん、山瀬くんの攻撃も見たいけれど、やっぱり、山瀬くんはフォワードではなくて、中盤でゲームを作り、前に向かってドリブルで攻め込んで欲しい。

最初から前にいると、ゴールに背を向けてボールを受ける場面が多くなり、山瀬くんの持ち味が半減。

木村監督もわかっているはず。

昨日のFC東京戦は、後半山瀬くんをボランチとして後ろ気味にさせてみたいだけども、それでは下げすぎじゃないかしら。

やっぱり、前を向ける位置の中盤。

山瀬くんにはそこにいて欲しい。

そして、フォワードは、大島さんがしっかりポストプレーをして、坂田くんが暴れまくって相手をかく乱させる。

この3人の微妙なバランスが良かったから、作戦は3人とも二桁得点できたはず。

連動する動きの復活。

昨日は少しその兆しが見られ気がします。

横浜F・マリノスの男たち

気持ちのゴール大島秀夫とその仲間たち

本当に、横浜F・マリノスにとっては、久しぶりのゴール。

そのゴールは、ちょっと、やけくそ気味にはなった山瀬功治くんを基点に生まれました。

シュートがあさっての方に行ってしまったのですが、そこには何と、大島秀夫さん、坂田大輔くんの二人の息のあったコンビがしっかりつめているつめている。

今まではこういう、「詰め」がなく、単発で終わることばかり。

でも、昨日の試合は違いました。

ひとつがやって、はいそれまでということではなく、しっかり、二人目三人目がいました。

その効果のおかげで、山瀬くんのあさってシュートも生きて、大島さんがしっかり当ててゴール。

横浜F・マリノス大島秀夫

坂田くんとのツインシュートにも見えたんですけど、ネ。

このゴール、小宮山くんの復活も大きかったなあ。

やっぱり、左サイドに小宮山くんがいるかいないかで大違い。

小宮山くんは、しっかり勝負する気持ちを持っている男。

攻めるときは攻める。

そして、ピンチのときにも戻ってきて、体を投げてでも防ごうとする。

今の横浜には欠かせない存在。

この気持ち、ロペスにも伝わるかなあ。

夜中に自動車で飛ばしまくる体力があるんなら、試合中にしっかり自分の足で走りなさい!

サポーターの期待を大きく裏切ったロペス!

他の選手たちみんながどんな思いで、戦っているのかわかっていません。

かなり、がっかり。、

愛想を尽かしたくなります。

いくらキープ力があっても、走らないし、挙句には自動車でのスピード違反。

試合中に自分の足でスピード違反になって頂戴!

相手を怖がらせる位に。