2008年07月05日

別に私が言ったからではないでしょうが。。。

別に私が、少し、小言を言ったからというわけではないでしょうが。
 
横浜F・マリノスに変化が見えてきました。
 
みんなの気持ちが本当の意味でひとつになろうとする兆しのように思えます。
 
横浜M 降格圏落ち危機で自主ミーティング
 
タイトル自体は、大いに不満ですが、記事の内容には、まあ、納得。
 
監督の言うことに縛られるだけでなく、選手自ら、前を向いてみんなで意見を言い合う。
 
当たり前のことかもしれませんが、なかなか簡単なことではないのでしょう。
 
それを、しっかりとやって、神奈川ダービーに望むところが、勝ち点3の光を感じました。
 
中澤さんのセリフ。
 
「もっとリスクを冒して走らないと」
 
は、まさにその通り、
 
いくら後ろの選手が頑張っても、後ろでパスを回しても、横にパスを出しても。
 
それだけでは、絶対に勝てません。
 
勝ち点1ではだめなのです。
 
勝ち点3。
 
勝利に向かって、体当たりの気持ちで行っちゃいましょう。
 
隼磨くん、わかっているよね。
 
有言実行。
 
というより、言葉は要りません。
 
態度で示してくれれば、十分です。
 
それで、サポーターはわかります。
 
駆け上がれ隼磨〜

2008 J1 第15節 川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス

2008 J1 第15節 川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス。

2008年7月6日(日) 19:00キックオフ。

この試合、好調なフロンターレの我那覇選手をどう抑えるかがポイントかもしれません。

昨年は、ドーピング問題でいろいろとあった我那覇選手。

個人的には、応援していましたが、この試合は別です。

また、去年は、ジュニーニョに得点を決められてしまっているいやなイメージがありますが、このジュニーニョは、まだ本調子ではない様子。

というわけで、我那覇選手を徹底マーク。

こちら横浜F・マリノスの攻撃陣は、最近沈黙状態。

眠れる獅子、いや、かもめさんをどう起こしてあげましょうか。

去年は、大島秀夫さん、山瀬功治くんが川崎フロンターレ戦では、得点を決めてくれています。

ここは一つ、勝負に出て、ロニーに変えて、大島秀夫さん、坂田大輔くんというツートップはいかがでしょうか。

そして、山瀬功治くんが前を向いて攻めることができれば、久しぶりの爆発も!

さあ、ワクワクするような試合展開が目に浮かんできました。

等々力で勝利して、連敗脱出。

アウェイに苦手意識克服。

そう、いきましょう。

2008年07月04日

あのダービーの感動をもう一度

あさっては、横浜F・マリノスvs川崎フロンターレの神奈川ダービー。

ダービー・マッチといえば、去年の横浜ダービー。

感動的でしたよね。

大島さんが得点取りまくって、8対1の大勝。

あの試合は、Jリーグ後半戦のリスタートの試合で、フロントも大いに力をいれていましたね。

その甲斐もあり、入場者数は、5万人を超えました。

その良き思い出よ、再びということなのでしょうか。

横浜M集客へアロハ、浴衣で割引大作戦

チケットの割引は、いいことですが、「ハワイアン・トリコロール」というのは...

サポーターが盛り上がるのはやっぱり、マリノスの選手たちの熱い戦う気持ちを見たいからなのではないでしょうか。

もちろん、夏休みなので、一見さんにも!という気持ちもわからなくも無いですが。

試合内容、結果でもお客さんを満足させてくださいね。

横浜F・マリノス

悲しい後姿は、見たくありませんので。

仲間を知る−中村俊輔語る

あの中村俊輔くんも言っています。

仲間が仲間を知ること。

今の横浜F・マリノスは、ちょっと、仲間、味方を信じ切れなくなっちゃっていないかなあ。

そんな風に思えてなりません。


パスを出そうにも、味方が、それを感じ取って走っていない。

逆に、パスを出してくれると信じて走っているのに、パスを出してくれない。

悪循環になっていないでしょうか。

せっかく、普段の練習で技術を磨いても、それを出せなければ、意味がありません。

初心に帰って、まずは、味方の特徴、何をしたいのかを話し合ってはいかがでしょうか。

そんなことわかっているよ!

と、選手たちは言うかもしれません。

でも、何か、気持ちがひとつになりきれていないことはないでしょうか。

自分のこと、相手のこと、すべてをさらけ出して、少年のようにサッカーを楽しめるように、雑念を振り払ってみてはいかがでしょうか。

そうすれば、すべてがいい方向に行きそうな気がします。

横浜F・マリノスゴール裏

横浜F・マリノスを永遠に愛しています。

2008年07月03日

Why?国立...

Jリーグ第26節の横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ。

神奈川ダービー、しかも横浜F・マリノスのホームゲーム。

なのに?

何故?

Why?

試合会場が国立。

ナビスコカップの優勝への布石?

そんな状況ではないですよね。

まさか、逆にナビスコカップを投げちゃった?

いやいや、天皇杯に向けて?

まあ、何でか良くわかりませんが、日産スタジアムが使えない理由が何かあるのでしょう。

横浜F・マリノスの試合よりも重要な他のイベントって何なの?

納得できないなあ。