2008年06月23日

心も透き通るような

昨日の日本代表の試合を見て、ちょっと疲れた皆さんいませんか。

すっきり勝てそうでそうもいかなったですよね。

でも、それもまた、サッカー。

PKが決まらないのもサッカー。

遠藤選手のコロコロキックは、逸品ですね。

中村俊輔くんもかなわないですね。脱帽。

で、いろいろと、ストレスがある皆さんもちょっと、心のリフレッシュはいかがでしょうか。

透き通るような瀧


この透き通るような、染み渡るような水。

すんでいますよね。

きれいですよね。

瀧です。

この瀧のような清らかな気持ちで、また、リスタート。

リフレッシュして、また、明日へ。

きっと、横浜F・マリノスの中澤佑二さん、山瀬功治くんも今日はお休みですよね。

今週末のジュビロ磐田との試合、どうするんでしょう。

マ、今日はゆっくり休んで明日考えましょうか。

もう、桑原監督や、中澤さん、山瀬くん本人は考えているんでしょうね、きっと。

ラッキーゴールの怖さ

ラッキーゴールでの結末。

日本代表のワールドカップアジア3次予選の最終戦の結末。

ラッキーなのは、まあいいとして。

このラッキーで、すべてを水に流してしまうのはいかがなものかと思いました。

元横浜F・マリノスの中村俊輔くんを先発に起用して岡田監督でしたが、あまり、効果的ではなかったような気がします。

ところどころ、スルーパスがいい感じで通ってはいましたが。

佐藤寿人くんの必死のプレーで手にしたPKも失敗!

やはり、怪我の影響と、雨の影響をもろに受けた感じでした。

他の選手も全体的に、ミスが多いし、予選突破で気が抜けて様な雑なプレーも目に余りました。

左サイドの安田くんも、怪我していたのかどうか知りませんが、もう、見ていられない!って、叫びそうになっちゃいましたね。

横浜F・マリノスの山瀬功治くんも、かなり遅めの登場でやきもき。

しかも、出てきたと思ったら、今まで楔を受けていた玉田選手と、逆になって、楔を受けて、玉田選手にパスを出す場面が多く、玉田選手がシュートを打ってまはずしまくり。

何か、玉田選手と山瀬くんが逆になっていれば、良かったのに。

山瀬くんは、やっぱり、ゴールを背にしてボールを受けるんじゃなくて、前を向いて突き進むのが得意なので、そういう姿を見せて欲しかった。

回りのみんなもわかっているはずなのに。。。

どうも、しっくり来ていない感じがしました。

反省すべき点が、ラッキーゴールであいまいにならなければいいですが。

2008年06月22日

スーパーサブ?

日本代表、バーレーン戦のメンバー発表になりました。


【先発】
GK18楢崎正剛 
DF2中澤佑二
DF4田中マルクス闘莉王 
DF15安田理大 
DF6内田篤人 
MF10中村俊輔
MF7遠藤保仁
MF14中村憲剛
MF17本田圭佑 
FW11玉田圭司 
FW9佐藤寿人 

【控え】
GK1川口能活
DF3高木和道
MF13鈴木啓太
MF8山瀬功治
MF5今野泰幸
FW12巻誠一郎
FW16矢野貴章 


佐藤寿人選手が、スーパーサブではなく、先発ですね。

山瀬功治くんが、スーパーサブ?

本田の方がいいってこと?納得がいかないのは私だけでしょうか。

中村俊輔、中澤佑二のナカコンビ

二人とも、横浜F・マリノスに深い関係があり、日本代表に欠かせない存在。

中村俊輔くんと中澤佑二さん。


この二人の共通点。

それは、横浜F・マリノスに所属していた(所属している)ことだけではありません。

実は、国際Aマッチの出場が、二人とも、ラッキーセブン「77」試合。

今晩の試合に出場すれば、そろって、78。

この記録、あのヒデ、中田英寿を抜くものになるようです。

二人とも、結構ながきにわたり日本を背負ってくれているんですね。

サッカーの選手寿命って、野球選手とかに比べると決して長い方ではないと思います。

一日、一日をその日にできることを精一杯やりきり、悔いの無い様にやっていっている姿があって、この記録になったんだろうなあ。

偉いなあ。

私も頑張らなきゃ。

2008年06月21日

中村俊輔、出るの?出ないの?

明日は、日本代表vsバーレン代表。

両チームとも、ワールドカップ最終予選行きが決まっていて、メンバー構成をいじってきそうです。

日本は、中村俊輔くんが怪我の回復しだいで出場を見極めていることだと思いますが、どうなることでしょう。

みんなとの練習には合流して、全く怪我の心配はなさそうな練習振りのようですが、ここで本当に無理をしてしまっていいのかどうか。

まだまだ、ワールドカップの生き残り合戦はこれからです。

確かにバーレンには、苦汁をなめさせられているので、今度こそという思いは、選手なら当然。

いや、日本人なら当然。

でも、ここで致命傷を負って、長期離脱ということになったら、それこそ取り返しのつかないことに。

他のメンバーにかけてみることも必要じゃないかと思います。

横浜F・マリノスの山瀬功治くんだって、実力はあるし。

川崎フロンターレの中村憲剛くんだって、中盤としてやっていけそうだし。

チーム、岡田ジャパンとして今後を見据えて戦いをして、結果が出れば言うことないんですが。

サッカーは、そんなに希望通りに行かない。

甘くは無い。

そんな神様の声も聞こえてきそうなので、難しいですね。

岡田監督、心は決めているんでしょうか。