2008年06月15日

本来入るべき山瀬功治をあえて外しました

サッカー日本代表が、ワールドカップ最終予選進出が決定しました。

岡田監督おめでとうございます。

「本来入るべき山瀬功治をあえて外しました」

という作戦が、はまったということでしょうか。

横浜F・マリノスの山瀬功治くんは、岡田監督にとって、どういう存在なのでしょうか。

ちょっと、複雑な気持ち。

2008年06月14日

大地震の影響

日本を大きな地震が襲いました。

ここ最近、いろんなところで大きな災害が起きています。

ミャンマーでの台風。

中国での大地震。

海外での出来事の際には、いつわが身に飽きるかと考えることはあっても、まさか、ね。

と、思ってましたが。

今朝の地震にはびっくりしました。

私の家も結構大きく揺れました。

まるで遊園地の乗り物のように。

岩手、宮城の道路はめちゃくちゃです。

プロ野球の試合も中止になりました。

ちょっと、サッカー日本代表の試合を目前にしているのに、あまり、サッカーに集中できる感じではありません。

せっかく、山瀬功治という男の勇姿がたっぷり見れるかもしれないのに。

日本にもこんな被害が出るなんて。

先週は、秋葉原でとっても信じられない痛ましい事件が起きたばかりなのに。

何がこういうことを起こしているんでしょう。

日本も何か、悪くなるばかり。

いやな流れです。

せめて、横浜、横浜F・マリノスには、いい流れが...

いや、そんな器量の狭いことを言っていてはだめですね。

日本に、アジアに、世界に平和が訪れますように。

2008年06月13日

反町ジャパンオーバーエイジ、岡田監督中村俊輔

日本代表の二人の監督がいろいろと考えあぐねているようですね。

U−23の反町監督は、昨日、一定の成果を試合で見せてくれました。

守りはある程度計算できそうですね。

横浜F・マリノスの田中裕介くんも攻撃的、かつ、しっかりとした守り。

足りないものは、昔から言われている決定力。

得点が無いと勝てないですからね。

オーバーエイジ枠を使うそうですね。

しかも、その枠に個人名がもう挙がってきています。

ゴールキーパーに足蹴りを入れちゃった大久保選手。。

さらに、コロコロPKの遠藤選手。

一方、明日にワールドカップ予選タイ戦を迎えるA代表の岡田監督は、中村俊輔くんと心中するかどうかが悩みどころ。

やはり、右足が万全ではない中村俊輔くんですが、欠かせない存在ということでしょう。

山瀬功治くんも力はありますが、チーム戦術という点で中村俊輔くんを必要としているのでしょう。

さあ、もう時間がありません。

岡ちゃん、山瀬くんもいいですよ。

中澤佑二さんと相談して、前を向いてください。

反町さん、岡ちゃん、この人日の丸がお似合いですよ。

山瀬功治

2008年06月12日

対カメルーン戦、挑む田中裕介

ついに、この日がやってきました。

反町ジャパンの進化形が本日あらわに。

中でも、横浜F・マリノスの田中裕介くんが、の田中裕介くんが、バネのような黒人集団カメルーンを如何に完封するか。

そして、攻撃の起点になることができるかどうか。

横浜F・マリノスで鍛えたものをすべて出し尽くしちゃいましょう。

マリノスタウンでマリノスの仲間たちと鍛えぬいたすべても見せちゃいましょう。

田中裕介ここにありと。

2008年06月11日

心配な中村俊輔くんの軸足

日本代表の練習風景がいろいろと取り上げられていますが、心配です。

中村俊輔くんの右足が意外に重症のようです。

利き足とは逆ですが、振り切るときに重心がかかる軸足。

バランスを取るためには、やっぱり大事な足です。

痛みをこらえつつ、だましだましやってきてくれたのでしょうが、次回のタイ戦はいけるかどうか。

岡田監督にとっては、一難去ってまた一難という感じです。

横浜F・マリノスの中澤佑二さんが守りきってくれると思うので、守りは心配していません。

問題は攻撃面。

アウェイなので、負けない戦い方、引き分けでもよしとする戦い方もあるとは思いますが、この段階でそういう戦い方しかできないようでは、先は長くは無い気もします。

ここは、チームが団結して、誰が出ても、誰がいなくてもコンスタントに戦えるようにしておくしかないと思います。

山瀬功治くん、あなたの出番です。有言実行でなくてもいいです。

男は黙って態度で示す。

それでいいじゃない。

俊輔くんなしでも、やってしまいましょう。

山瀬功治