2008年06月07日

ハマの日本代表ハマジン

体調不良、けが人が多く、万全の体制で臨むことが難しい岡田ジャパン。

灼熱の地、規格外(規定内ではあるみたいですが)の狭いピッチ、背の高い芝、と日本には厳しいアウェイの洗礼。

そんな日本代表を救ってくれると、私が信じて疑わないのが、この人。

ハマジン。

ハマジン

ハマ人。

横浜の人。

横浜F・マリノスの10番。

山瀬功治くんです。

山瀬功治

「常に真ん中でプレーしたい」

「自分のすべてで感動を伝えたい」

かっこいいじゃないですか。

かっこよすぎるじゃないですか。

トリコロールの血をひきし男が、きっと、岡田監督に恩返しをしてくれることでしょう。

トリコロール

90分フルではないかもしれませんが、ジョーカー、切り札、いや、エースとして登場することがきっとあるはずです。

アウェイですもの。この前のように甘くは無いはず。

そんな苦しい状況でも打開できる男がこの人、山瀬功治。

今晩は、大きな期待を胸に声が枯れるまで応援します。


「ハマジン」は、駅で手に入れることができるフリーの雑誌です。

皆さんも、急いで手に入れましょう。

みんな下痢、蹴り?

朝ご飯中の方、ごめんなさい。

あまり、きれいな話でなくて。

日本代表の皆さんが、下痢のようです。

お腹を壊しているってことです。

日本 集団下痢に見舞われた

横浜F・マリノスの中澤さん、山瀬くんは大丈夫なのかしら?

オマーンに、蹴りを入れて、下痢を解消!いや、快勝!

ははは...

失礼いたしました。

日本代表、今晩、試合です。

昨日は、記者会見の話で、岡田監督はひと悶着あったようですが、しっかり、試合で勝ちましょう。

2008年06月06日

マリノス、リヨンとお手手をつないで

横浜F・マリノスが、リヨンと提携することが正式に発表。

下部組織に力をいれるのだそうです。

オシムに言わせれば、外国人を真似てもだめだぞ!と言われそう。

日本流、日本人の特徴をしっかりと活かしたサッカーにできるのでしょうか。

横浜F・マリノスは、永遠に横浜F・マリノス。

しっかり、子供たちに夢を与えられるように、育ててあげられるようにお願いします。

2008年06月05日

田中裕介、北京への一歩

おめでとう。

横浜F・マリノスのディフェンダー、田中裕介くん。

反町監督にしっかり選ばれましたね。

でも、まだ、北京への第一歩を踏み出しただけ。

まずは、6月12日、カメルーンとの対決で持ち味をしっかり出してね。

ナビスコカップの新潟戦、やっぱり、裕介くん抜きですね。

小掠くん、負けないでね。

ゴール裏の盛り上がりを

この街には、横浜F・マリノスがある。

横浜F・マリノス

日曜日は、東北電力スタジアム、ビッグスワンですが、この写真のように、盛り上がりたいですね。

土曜日は、日本代表で中澤さん、山瀬くんが頑張ってくれるでしょうし。

あっちは相当熱いみたいですね。

こちらは、むしろ、肌寒い感じかなあ。今朝は。

Jリーグは、リーグ戦中断期間中で、何か物寂しい気もしますが、日本代表、ナビスコカップで盛り上がりましょう。
ラベル:横浜 マリノス