2008年05月31日

ヤマザキナビスコカップ 大分トリニータ vs 横浜F・マリノス(14:00KICK OFF/九石ド)

5月31日(土)ヤマザキナビスコカップ 大分トリニータ vs 横浜F・マリノス(14:00KICK OFF/九州石油ドーム)

あと3時間ほどですね。

遠いアウェイの地で、トリコロールの若き戦士と、サポーターとがひとつになって、シャムスカマジックに迎え撃ちます。

今日のポイントは昨日も書きましたが、キャプテン河合さんのタクトの振り方。

そして、敢えて、追加するとすれば、もうひとつ。

両サイドの攻撃。

左サイド小宮山尊信くん

でも、相方の裕介くんが不在。ここをどう打開するか。

まあ、小宮山くんの行け行け魂があれば、何とかなるかなあ。

それに対して、反対の右サイド

慎重で少し気の小さな田中隼磨くんがどうするか。

マリノス田中隼磨

失敗を恐れることなく、攻めの気持ちさえ持ってくれれば。

そうすれば、結果もついてきてくれるはずですよね。

さあ、キャプテン河合竜二の下に、みんなの気持ちをひとつに戦い抜きましょう。

2008年05月30日

横浜F・マリノス、アウェイでの戦い、河合竜二にすべてを

明日は、アウェイ大分で、横浜F・マリノスは、ナビスコカップの戦いです。

マリノス河合竜二

この人。

キャプテン河合竜二さん。

この河合竜二さんが、如何にタクトを振るか。

シャムスカマジックに引っかからないように、トリコロールの魂をしっかり表現できるかどうか。

それがすべてだと思います。

日本代表の中澤佑二さん、山瀬功治くんは出場できません。

今朝戦った、U−23代表の田中裕介くんも出られません。

そして、U−19の水沼宏太くんも出られません。

さらに、さらにです。

新潟との戦いで、熱き心を前面に出してくれた我らのマツ、松田直樹さんも累積警告で出場できません。

桑原監督の戦術がどうのこうのではなく、ピッチで戦う選手たちを信じるのみです。

河合さん、よろしくお願いします。

予選を突破しましょう。

そして、今月最初で最後の勝ち点3を手にしましょう。

マリノス田中裕介くん、燃え尽きる

横浜F・マリノスの田中裕介くん、U−23でよく頑張りました。

燃え尽きましたね。

最後の後半ロスタイム、長かったですね。

5分。

魔の5分。

追いつかれちゃったね。

そして、李忠成、水本の両名がプレッシャー負け。

結局、スコアーは、2−2だけども、PK負け。

最後の最後で負けちゃったね。

勝負は厳しい。

お疲れ様。

裕介くん。

2008年05月29日

横浜F・マリノスの乾貴士と山瀬幸宏

この横浜F・マリノスの二人。

使えば使いほど、味が出てくる。

そんな気がしませんか。

乾貴士と山瀬幸宏

今年はめっきり出番がなくなってしまっていますが、チームも停滞ムード。

こんなときこそ、この二人、乾貴士と山瀬幸宏の安定した技術を試すときではないでしょうか。

私は好きなんですよ、この二人の明るく元気に頑張る姿が。

横浜F・マリノスのムードを明るく変えてくれそうな気がします。

次のアウェイ大分、明るく楽しくサッカーを!

勝ち点3がついてきます。

流れを変える男、小宮山尊信

この前の三ツ沢球技場での横浜F・マリノスの試合。

この電光掲示板の点灯から少し流れが変わりました。

小宮山尊信投入

小宮山尊信投入。

アーリア、悔しかったかな。

その悔しさを次に活かそうね。

小宮山くん、ご苦労様。

で、桑原監督、小宮山くんの温存はどんな作戦だったわけですか?

若手へのチャンス?

それならば、乾貴士くんにもお願いします。

横浜F・マリノスの明日のために。

横浜F・マリノスの未来のために。