2008年05月13日

悩める元王者、横浜のJリーグチーム

横浜のJリーグチーム。

マリノス。

横浜F・マリノス。

横浜F・マリノスコーナーキック

山瀬功治くんがセットプレーのキッカーとなり、フリーキックをけります。

そして、中澤佑二さんが合わせる。相手の競り勝つ。

そういう場面がこのチームの今年のセットプレーでの特徴。

でも、相手もそれはわかっていますよね。

フリーキックだけではありません。

「戦術的に何に狙いを持っているのか曖昧で何をしたいのか見えてこない」

とコメントしている、LooseBlogさんのお気持ち、お察しします。

どうすればいいんでしょうかねえ〜

流れからの得点は、ロニーの調子次第ですし。

守りのここのところ、集中力を欠いている気がしますし。

中村俊輔くんが帰ってくる、何て話でみんなが動揺しちゃっているのかしら。

2008年05月12日

ガッツゥーゾ

どこと無く、疲れの見える、今の横浜F・マリノス。

みんな気持ちが優しいですからね。

ここはひとつ、ほえる男が必要かなあ。

ガッツゥーゾ。

横浜F・マリノスのガッツゥーゾ。

小椋選手、頼みます。みんなに気合を注入。

小椋選手

まあ、気合はあるんでしょうが、気持ちですね。

精神力!

マリノス魂再び!

2008年05月11日

どろー、泥ーの打ち合い

ガンバ大阪vs横浜F・マリノス 2対2のドローでした。

常に先行され、追う展開。

ここ最近の試合と同じで、出だしがどうもしっくり来ません。

隼磨くんは、スタメン落ちで、ジローさんでしたが、残念ながら、結果はついてきませんでした。

田中隼磨

セットプレーから、必死のクリアーもむなしく、混戦の中栗原くんの当たったボールが運悪く山口選手の目の前に流れて、シュートを打たれてしまいましたね。

運が悪いというか、アウェイの呪縛というか。

失点はともかく、やっぱり、スロースターターが気に入りませんね。

ロニーが頑張ってくれたのが不幸中の幸いですかね。

隼磨くんもスタメン落ちの悔しさのうさを晴らすかのように、途中出場してナイスアシスト!

やればできるじゃないのさあ。

このゴール、サカティーから山瀬くんに渡って、さらにはゆまくん、そして、きれいなクロスをあげてロニーがしっかりGet!

最初から、こういうサッカーができていれば。

それにしても、哲ちゃんさま様でしたね。

哲ちゃんがいなければ、完敗じゃなかったかなあ。

ファインセーブの連続でありがとうね。

ロニーのゴールがもっともっと演出され、大島さん、坂田くん、山瀬くんのゴールラッシュも見られ、ディフェンス人は完封。

そういう試合が見たいなあ。

今の状況では、贅沢言い過ぎなのかしら。

隼磨くん、今日の悔しさとクロスの精度、忘れないでね。

2008Jリーグ ディビジョン1 第12節第2日 ガンバ大阪vs横浜F・マリノス

2008Jリーグ ディビジョン1 第12節第2日 ガンバ大阪vs横浜F・マリノス

横浜F・マリノス
【先発】
GK 1 榎本  哲也
DF 26 田中  裕介
DF 4 栗原  勇蔵
DF 22 中澤  佑二
DF 13 小宮山 尊信
MF 18 清水  範久
MF 17 兵藤  慎剛
MF 3 松田  直樹
MF 10 山瀬  功治
FW 9 ロニー 
FW 15 大島  秀夫

【控え】
GK 31 飯倉  大樹
MF 30 小椋  祥平
MF 29 長谷川 アーリアジャスール
MF 19 乾 貴士
MF 16 山瀬  幸宏
MF 7 田中  隼磨
FW 11 坂田  大輔

ガンバ大阪
【先発】
GK 1 松代  直樹
DF 21 加地  亮
DF 2 中澤  聡太
DF 5 山口  智
DF 13 安田  理大
MF 27 橋本  英郎
MF 17 明神  智和
MF 7 遠藤  保仁
MF 10 二川  孝広
FW 9 ルーカス 
FW 18 バレー

【控え】
GK 29 木村  敦志
DF 4 水本  裕貴
DF 6 福元  洋平
DF 19 下平  匠
MF 20 倉田  秋
FW 11 播戸  竜二
FW 30 山崎  雅人

控えに山崎選手がいますね。

ACLでも活躍してますからね。

田中隼磨くん、控えになっちゃった。

でも、乾くんがベンチ入りはうれしい。

ちょっと、複雑な心境。

vsガンバ大阪戦 山瀬功治のフリーキック

今日は、アウェイでガンバ大阪戦です。

横浜F・マリノスにとって、壁を打ち破る必要があるアウェイです。

しかも、相手は、ガンバ大阪。

実力を試すにはこれ以上の相手はいません。

この試合、山瀬功治くんがトップ下に入りそうですね。

山瀬功治くんのセットプレーからの得点。

山瀬功治のフリーキック

 
これが、試合展開をわけるような気がします。

中澤佑二さんに敵の気が集中してくるでしょうが、こちらには、大島秀夫さんもいます。

そして、今期はまだですが、打点の高い栗原勇蔵くんもいます。

そろそろ、栗原くんの得点シーンが見られそうな予感。

田中隼磨、小宮山尊信という両サイドからの精度の高いクロスも決勝点を演出?

あるいは、大島さん、栗原君が競り勝ったこぼれだまを二人がシュート?

兵藤くんのオーバーヘッドの演出も?

いろいろと得点シーンのバリエーションは多そう。

とにかく、山瀬くんが起点になって、ガンバから得点を奪い取りましょう。

楽しみですね。

サカティにも勿論、期待しています。