2008年05月07日

耳年増

横浜F・マリノスの桑原監督、昨日の試合を振り返っていろいろと考えたのでしょうか。

監督のブログのタイトルは、「耳順」。

「耳年増」なら、知っているんですが。

耳順」とは。

「謙虚に聞く姿勢が大事である」と書いていますね。

全く、同感です。

監督には監督の思い、サポーターにはサポーターの思いそれぞれがあります。

また、それぞれの思いがあってもそれはそれでいいと思います。

同じアナのムジナですから。

ただ、ともに戦う目標、気持ちはひとつにならなくてはいけません。

横浜F・マリノスのために。




最後に、今日の不安なこと。

大宮戦の試合終了後、小宮山尊信くんは、メインスタンドからそそくさと引き上げてしまいました。

サポーターに挨拶もせず。

どうしたのかなあ?

まさか、怪我?

最近、気持ちを前面に出して戦ってくれているので、少し心配です。

どなたか、ご存知の方いらっしゃいますか?

横浜F・マリノスの得たもの勝ち点1、いや、負け点2...

勝ち点1を得たといってよいのでしょうか。

何か、負けたような気分。

前半は、まるで、最下位チームじゃないの?って、いう感じ。

後半は、少しは盛り返したけれど、まったくだめ。

結局、同点どまり。

大宮戦1対1

せっかく、ワンコイン、ワンペーパーで、家族連れのお客さんがいっぱい来たのに。

連休の最後に、家族連れで来てくれた将来を夢見ている子供たちの前で、こんなサッカーしかできないチームだったの?マリノスは。

そんなチームなら、もう、お客さん、来てくれなくなっちゃうよ。

悲しい。

勝ち負けのことじゃないですよ。

気持ちです。

闘志、ひたむき、ってスローガンの言葉は、どこへ言っちゃったの?

監督も、前半はスルーで後半勝負のつもりだったらしいけれど、そんな計算ができるチームには見えませんでした。

悲しい。

相手を甘く見すぎていたの?

いやいや、戦う姿勢ができていなかったんじゃないの?

それなら、いっそのこと、普段チャンスを与えてもらえない選手を使った方が...

あ〜あ。

本当に、本当に、子供たちには夢を与えて欲しかったのに。

サッカーが楽しいって思って欲しかったのに。




次は、ACLできっと疲れも残るはずのガンバ大阪。

アウェイですし、今日の試合の直後の今の気持ちでは応援に行く気持ちになれません。

少し、冷静に考えます。

もう寝ます。


横浜F・マリノスらしさが...

2008年05月06日

やっとこさ、来ました

やっとこさ、決めてくれました。

大島秀夫さん。

ふ〜、長かったあ。

大島秀夫

これで、やっと、横浜F・マリノス同点。

これからこれから〜

片山レフリー、ナイスアシスト!!

ありがとう!

決意の交代

やっと、やってくれました。

兵藤くんの登場。

兵藤くん

前半のロペスの動きではね。

これで、人もボールも動くサッカーが観られるかしら。

がんばれ〜横浜F・マリノス。

トリコメガのぼり

このトリコメガのぼりが、大宮サポーターを上から、飲み込むはずでした。

トリコメガのぼり

試合開始直後は、当たり前ですが、横浜F・マリノス、大宮アルディージャとも無得点で、0対0。

大宮戦0対0

それがあっというまに。

いつの間にか。

あぜん。

 大宮戦0対1

ゆるいゆるい、チェックがゆるい。

まったく点が取れる気配なく、前半終了。

これでいいのか、桑原監督!

って、怒りまくりのハーフタイム。

きっと、メンバー交代してくるでしょう。

いや、しなさい!