2008年02月21日

タフな試合

お疲れ様でした。

昨晩の試合、本当に、日本代表の選手には心から、こう言ってあげたいですね。

タフな試合になることはわかっていた。

岡田監督も、山瀬くんも同じことを言っていますね。

それにしても、タフすぎですよ。

審判は、やっぱり、公平なジャッジができるように、第3国から選ぶべきですね。

そうしないと、お互いに不満を抱くだけ。

ちゃんと、サッカーをしたい選手、サッカーを観たいサポーターを納得させてください。

次は、韓国戦。

お互いに力のあるチーム同志。

正々堂々と、サッカーで勝負しましょう。

2008年02月20日

ワクワクしませんでした

サッカー日本代表の試合、残念ながら、ワクワクする試合ではなかったですね。

いえ、日本代表が悪いと言っているわけではありません。

レフリングと相手選手のラフプレーのせいです。

ストレスがたまる試合。

それにしても、楢崎選手、中澤選手は、よく最後まで耐えました。

山瀬くんも、決定的な画面をしっかり決めてよくやったと思います。

惜しいシュートをはずしちゃって、2得点とは行かなかったけれど...

啓太くん、最後は我慢できなかったみたいですね。

憲剛君は、試合終了後にレフリーにいやみを込めて思いっきり強く握手していたのが印象的でした。

もう少し、いいサッカーをできる環境にしましょうよ。中国さん。

オリンピックするんでしょ。

日本代表、中村俊輔、エトー、アンリ

今日は、サッカー日和?

サッカーの話題が沢山ですね。

日本代表の中国での試合。

セルティックとバルセロナの試合。

どちらもワクワクさせてくれそう?かなあ。

日本代表の方は、けが人ばかりでワクワクする余裕があるかどうか微妙かな。

けが人の嵐に耐えかねて、岡ちゃんが、山瀬くんをいよいよ投入せざるを得なくなってきたというもっぱらのうわさ。

無理だけはしないで欲しいけれども,試合となれば...

ね。

「前田の分まで」奮起誓う

こんな記事を見ると、さらに不安。

突破するかっこいい姿は見たいけれど、それは、レッズ戦にとっておいてくれても良いなあ、という気持ちもあるし。

功治!絶対に怪我しないでね。悪くしないでね。

で、もうひとつの関心事。

エトー&アンリ2トップ、バルサ豪華布陣

相変わらず、スターの顔ぶれがすごいバルサ。

そのバルサを相手に、日本人魂を見せてくれそうな、元横浜F・マリノスの中村俊輔くん。

俊輔CL予告FK弾

今日は、眠れそうにないなあ。

左サイドのスペシャリスト

左サイドのスペシャリストが不足しているといわれていますね。

今の日本サッカー。

もともと、レフティが少ないですものね。

昔から、左利きは器用な人が多いなんて話も聞きますが、サッカーの世界でもそうなのかなあ。

確かに、左サイドは、右足でボールを真ん中に入れるよりは、左足で入れる方が相手にとってはいやなんでしょうね。

そこで、右足でしか蹴れない、加地選手に、浦和の三都主が茶々を入れたみたいですね。

三都主、随分、自信過剰ですね。

海外チームではほとんど役に立たなかったのに。

まあ、日本では日本代表でも活躍したくらいなので、少しはできると思っているんでしょうが。

でも、日本にも、小宮山くんがいるのです。

横浜F・マリノスの小宮山くんを侮ってはいけません。

まだまだ、荒削りかもしれませんが、いいセンスを持っています。

そう思っていたら、こんなことを書いている人を発見。

ヘェー。

横浜F・マリノスの小宮山くん、観る人は観ているんですね。

「候補は他にもいる。たとえばレッズで復調すればアレックス、さらにはマリノスの小宮山

一言だけですが。

栗原小宮山
ラベル:横浜 マリノス

2008年02月19日

50メートル5秒9

横浜F・マリノスの古部健太選手。

昨日ここに書いたばかりですが。

こんなシンデレラストーリーを歩んで機器他とは知りませんでした。

無名選手から、Jリーガーへ

頑張りやさんなんですね。

同じ「健太」くんも怪我に負けずに頑張って欲しいですね。

「彼のスピードを一番生かせるポジションを今、探している。運動量があるし、何事にも一生懸命やる選手だ」

この桑原監督のコメントにも、期待の大きさが現れていますよね。

「ここ数年タイトルに恵まれず、覇権奪回を目指すF・マリノス」

「一昨年、野洲高校で全国を制した乾貴士(19)を筆頭に、有望な若手が多いチーム」

何か、横浜F・マリノスの現実を厳しく書いていますが、結構よく見ている記者さんなのかなあ。

であれば、古部選手には大きな期待を持ってよさそうですね。

頑張れ〜若き侍!?