2006年12月20日

やっぱり中沢さんはマリノス

やっぱり、中沢さんは、今のマリノスには欠かせない存在。

それが、神奈川新聞の記事でよくわかりました。

本当に、チームため道あるべきかを考えてくれているんだな〜と思いました。

名古屋なんかに行かないで欲しいで欲しい。

マリノスをもっといいチームにするために。

そして、明るく盛り上がるチームにして欲しい。

だめなフロントには期待しないけど、中沢さんには期待しちゃいます。


2006年12月02日

横浜F・マリノスの目指すべきもの

いったい、横浜F・マリノスは、どこを目指して進んでいるのでしょうか。

みなさん、わかりますか。

わたしには、よくわかりません。

魅力あるワクワクするようなサッカーが観たいだけです。

人間味のあるサッカーが観たいです。

でも、今のマリノスは、お金からみのことばかり。

もう、何か疲れてきましたね。

2006年11月26日

同じ横浜でも天と地の差

横浜FCはいいチームですね。

横浜F・マリノスは、どうしようもないチームに成り下がってしまいましたね。

松田さんは、クビですね。

みんな、気持ちが感じられないホーム最終戦。

岡田監督、水沼監督、誰が監督でも選手の気持ちがなければ結果は同じですね。

社長も、金の亡者なら、気持ちのない選手に給料払うのをやめた方がいいですね。

サポーター、一生懸命応援していましたけれど、試合後は大ブーイング。

こんな試合を見せられて、まだ天皇杯がある?

信じられません。

また、大分相手にへぼ試合なんか見たくありません。

坂田くん、大島さん、つぶれながら頑張っていたんだから、中盤を厚くして奥さん投入が良かったんじゃないでしょうか。

松田さんは、ひざが治っても来年はもういりません。

サポータを裏切ったのですから。

水沼さん、松田さんの退場は、「指導力のなさ」ですか。

そんな気持ちなら、即監督を辞めていいです。

もっと、厳しく、熱い気持ちがあると信じていましたけれど。

フクアリで、今日の退場人と河合さん、ドゥトラさんも出場停止。

走れないチームじゃ大敗して、今期終わり。

あ〜あ、「横浜」ですか。

同じ「横浜」でも、大きなな違いがありますね。

2006年11月23日

チグハグだけどマリノス勝利

今日は、何かどことなくチグハグな試合展開だったですが、何とか横浜F・マリノスは、逆転勝ちを収めることができましたね。

逆転勝ち。

こんな響き、忘れていました。

天皇杯に向け、来年に向け、いろいろと試している最中でチグハグなのはしょうがないのかなあ。

水沼さん、勝ってよかったですね。

2006年11月18日

横浜F・マリノス、水沼監督ついに

水沼監督の運命が、ついに決定。

今日の試合を見て、残念ながら、そう思わざるを得ませんでした。

個人的には、大好きなんですけど。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。